4Uダイアリー

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

江ノ島・鎌倉ツーリング(2) 

江ノ島・鎌倉ツーリング(1)の続きです。


ほどなく長谷寺へ到着。
入口で200円を支払い、大仏様を拝観します。

P1000222.jpg



大仏様~鶴岡八幡宮へは自転車ならすぐです。
ただ鶴岡八幡宮は自転車を停めるスペースがなく、人混みもすごかったので拝観は見送り。
外側から撮影だけさせてもらいました。

P1000224.jpg



そして…事件は起こりました。

【クリームパン奪取事件】

八幡宮からすぐ近くの海岸で補給をとるため、コンビニで我々は買い物をしました。
編集長さんはパン、私はオニギリ。
砂浜に面した公園に自転車を停め、ベンチに座ります。
明るい陽射し、心地よい潮風。休憩にはうってつけの絶好のロケーションです。

編集長さんが取り出したクリームパンを一口かじったその時…

ふわりと風のように姿を現した何者かが、一瞬にして編集長さんの手からパンを奪って消えました。
人に一切の危害を加えることなく、「羽のようなもので優しくなでられたようだった」という感覚だけを残して。

P1000230.jpg



犯人の正体はコレ。
犯人…というより犯鳥ですね、正確には。(笑)
上空を舞うトンビが人の持ち込んだ食料を捕食している訳です。

いやもう、驚きました。
そしてあまりの正確さと素早さにひたすら感心しました。

P1000226.jpg

P1000232.jpg



さて、ここから気を取り直して(笑)帰路につきます。
帰りも江ノ島~藤沢経由で境川CRを利用です。
今シーズン出走2回目の編集長さんの脚が回り出し、追い風エンジンも加わって、なかなかのハイペース。

P1000236.jpg

P1000238.jpg



あっという間の境川CR攻略で、国道246号の終点に到着です。
CRを出て編集長さんのトランポに戻り、夕刻に地元へ帰着しました。

一日を振り返れば、
今回も私は編集長さんにほとんど牽いてもらいっぱなしで全行程を走りました。
最高に快適なルート企画といい、もうひたすら感謝です。

これにならって私もツーリングのルートを考えてみますので、その折はよろしくお願いします。
どうもありがとうございました。
またぜひ行きましょう!!

ダイアリー  :  trackback --  :  comment 0   

江ノ島・鎌倉ツーリング(1) 

BMRアイコン 近頃、1回走りに出ると回復に最低3日はかかる東風です。


5月2日・晴天。
行ってきました、江ノ島・鎌倉ツーリング。

参加メンバーは編集長さんと私の2名。
今回も編集長さんの企画で、見どころ満載のコース設定になっています。

まずは早朝から編集長さんの車でトランポしてもらい、大和市の境川CR入口付近までアプローチ。
下鶴間の国道246号と境川が交差する地点が境川CRの入口になっているので、そこから自転車ツーリング開始です。

境川CRが初めての私は、のっけからテンションが上がります。
走りやすい路面、住宅・工場・広河原と飽きのこない景観、平坦で適度にカーブしたコース配置。
そのどれもが新鮮です。
見知らぬローディの方と合流して小さな集団など作りつつ、ハイペースで進みます。

P1000199.jpg

IMG_8894.jpg



途中、今田休憩所で小休止。補給&トイレ休憩をはさみます。
コース序盤の向かい風+ハイペースで既に脚にキていた私はここでいきなり赤コーラをチャージです。
先はまだまだ長いというのに…。

P1000204.jpg

P1000205.jpg



休憩所から5kmほど走ればもうJR藤沢駅に到着です。
さすが湘南エリア、日射しも空気も何だかサイタマとちょっと違うような気がします。
ここから江ノ島までは、江ノ電の線路沿いを縫いながら走って街並みを堪能。
電車マニアでもある編集長さんは江ノ電にかぶりつきです。

P1000207.jpg



「江ノ電沿いを縫うように走る」
じつはここに意外な落とし穴…ではなく落とし溝が隠されていました。

江ノ島駅にほど近い踏切を渡ろうとした瞬間、不意に編集長さんのバランスがズルリと崩れました。
転倒こそ免れたものの、落車寸前、結構アブナイ状況です。
で、足元を見ると…
踏切上に三叉路と線路の分岐が複雑に絡まった挙句、進行方向とほぼ同じ角度のたて溝が路面に刻まれているではありませんか。。
自転車で走れば、そりゃ当然タイヤがハマります。
みなさん、コレにはぜひ気をつけましょう。とくに夜間とか、雨の日とか。

IMG_8905.jpg




そして!江ノ島に到着。
自転車で海。
サイタマで純粋培養された私にとっては、もはや異世界です。
この解放感は一体何でしょう?
興奮が抑えられず、ペダルを漕ぎながらつい変な声が出ちゃいましたよ。
うっひょーーーィ (´Д`;;

P1000210.jpg

IMG_8906.jpg



江ノ島で一服したあと、続いて鎌倉へ向かいます。
目指すは長谷寺、大仏様です。

それにしても。
とにかくまあ、海沿いの道の快適なこと!
高くて広い空、沿道にはかっこいいサーファーの皆さん。オシャレなオープンカフェ。
わがサイタマが一瞬かすみました。

そしてここでも江ノ電。
編集長さんは単線の江ノ電の「すれ違いポイント」に興味津々…なだけでなく、ついに江ノ電を相手に勝負モードへ。鬼脚の発揮です。
こうなるともう私の脚では追いつくことができません。

P1000214.jpg

P1000215.jpg


江ノ島・鎌倉ツーリング(2)へ続きます。

ダイアリー  :  trackback --  :  comment 0   

高尾山でとろろ蕎麦 

BMRアイコン 最近、ひざ痛・腰痛・首痛・頭痛がローテーションを組んで順番にくる東風です。


本日は編集長さんの声がけで、「とろろ蕎麦」目指して高尾山まで行ってきました。

もう、絶好の自転車日和。
朝8時30分、いつもどおり入間市/フジボウル前のサンクスからスタートです。


まずはバンブーさんの牽きにはじまり…

P1000177.jpg


国道16号の横田基地あたりで編集長さん発射!!

P1000179.jpg


そうです、すっかり忘れてました。
このメンバーは、基本、獰猛な走りなのでした。。
正直、ここですでに私は(´Д`;)ハァハァです。
密かに信号待ちのたびホッとしてました。(笑)

交通量の多い国道を迂回しつつ、八王子の市街から浅川沿いを進みます。
すると途中でこんな景色が…
これは、癒やされます。

P1000183.jpg


いつもながらルートの予習が不十分な私は、バンブーさん・編集長さんに牽いてもらってばかりいます。
そのうちちゃんと道を覚えて、皆さんの風よけになりますからね…
てなコトを考えつつ走るうち、ほどなく目的地の高尾へ到着。
周りはハイカーさんでいっぱいです。

P1000190.jpg


小休止をはさみながら、編集長さんオススメの蕎麦屋まで徒歩で散策します。

P1000192.jpg


おおっ!
このたたずまいがまた好い~。

P1000196.jpg


もちろん、今日の目的、とろろ蕎麦も最高。
これはクセになりそうです。

P1000193.jpg


帰路は国道20号をバビューン!と下って八王子へ。
16号に入ってからブルーシール・アイスで寄り道などしつつ昼過ぎに地元着。
本日の〆に公園の木陰のベンチで大人のミーティングを軽く開催し、散会です。

いや~、道よし飯よし天気よし。
とてもぜいたくな気分のツーリングでした。
またぜひ行きましょう。

ダイアリー  :  trackback --  :  comment 2   

ブログをリニューアルしました 

BMRアイコン 東風です。

プライベートのブログをリニューアルしてFC2で始めました。

タイトルは、
サイタマ無頼 -New World-です。

こちらにはロード関連や雑感諸々の記事をアップする予定なので、引き続きよろしくお願いします~(^^)/
連絡  :  trackback --  :  comment 0   

フィジークのサドル 

BMRアイコン 11月ブルーの東風です。


長年の課題、サドル選び。
国産品・外国製品・定番ブランド・パッと見買いの冒険品などめぐり巡った挙句、先日の男旅は『純正ノーマルサドル(メーカー不明)』で臨みました。

この純正サドル、意外や意外、さしたる痛みも招かずすんなり180kmほどの走行をクリアしてくれたのですが…
まあ、やはりそれなりに課題もありました。
たとえば道中で出現した凸凹路面でのこと。
一見柔らかな座面であるにもかかわらずサドル全体がモロに衝撃を拾い、アルミフレームからの突き上げも加わって、しばらく走るうちケツがぶっ壊れるかと思いました。

DSC01312.jpg



サドル選びについては、男旅の出発前、バンブーさんのバイクに跨らせてもらったことも印象的な体験でした。
バンブーさんのバイク・チネリは、年季こそ入っていますがコロンバスのフレーム、フルDURAのコンポと一級品で組み上げられた名機です。
実際、ほんの少し乗っただけでもう自分のバイクに戻るのがイヤになる(笑)ほどカチッとして滑らかな上質の乗り味。
そして、サドルにも特筆すべきポイントがありました。
長年の愛用品として使い込まれた結果、尻がピタッと収まる絶妙で独特な座り心地が出来上がっていたのです。

IMG_2764.jpg



その後。
あぁ…サドルなんとかせにゃあならんわな。。
と、そんなコトを考えながらWeb記事をつらつら眺めていたら、とあるサドル評で衝撃的な一言を発見しました。

`あまりに路面から振動がこないので、てっきり後輪がパンクしたのだと思った'

…何っっ!?
いったいどこのサドルのハナシだ??
つられて読んでみると、それはフィジークのアリアンテ(Fizik/ALIANTE)のことを指したレビューの一つでした。

これまで私のアマノジャクな性分のせいで理由もなく避けてきたフィジーク。
思いがけない選択肢が登場したので意識してほかの記事も漁ってみました。
するとどうやら、憧れのブルべライダーの方々の間でも愛用者が多くなかなか好評な様子。

で、決め手はこの記事でした。
シルベストサイクルさんの有名なブログ、「これはエエよォ」。

結局、新型(VERSUS X)の発売でお買い得設定になっていた旧型(VERSUS)を勢いでポチしました。

DSC01351.jpg



サドルの到着後、さっそく私のアンカーに取り付けてローラー台で調整。
さすがにバンブーさんのサドルのようにピタッとはきませんが、幅広の座面に坐骨が載る感触はまずまずです。

続いてお散歩がてら多摩湖CRで試走。
これも`パンクと錯覚'とまではいきませんでしたが(笑)、速度が上がるほどしっかり振動吸収をしてくれていることは体感できました。
アルミフレームとの相性もなかなか好さそうな予感です。

DSC01354-2.jpg



うーむ、早くロングで走りたい…
11月は仕事関連でとんでもない残業・休日出勤を強いられるひと月になりそうですが、こいつを我慢でクリアしてぜひ温泉ロングへ出ましょう♪
モノ  :  trackback --  :  comment 6   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。